薄毛が起こる3つの理由

薄毛が起こる理由1は、ストレスによって血流の悪化が起こり、毛根に必要な栄養が行き届きにくくなることです。
ストレスは血管を収縮させますから、慢性的に緊張状態が続くとなれば、やがて毛髪の成長や抜け毛に影響してきます。
十分な休息を取ることができたり、メリハリのある生活が行えれば良いですが、毎日強いストレスに晒されるとなると問題です。
運動不足は体力低下だけでなくストレス耐性を下げるので、例えば座りっぱなしのデスクワーカーは特に注意が必要です。
連続的に発揮できる集中力には限界がありますから、疲労を感じたら席を立ち上がり、気分転換をするように心掛けることをおすすめします。

薄毛の理由2は間違ったケアで、強力なシャンプーで皮脂を過剰に取り除いたり、逆に洗浄不足が引き金になります。
1日に何度もシャンプーをする人は、それだけ頭皮に負担を掛けてしまい、結果的に頭皮や毛穴を守るバリアーが損なわれます。
そうなると外的な刺激に弱くなりますし、常在菌のバランスが崩れて皮膚のトラブルが起こります。
シャンプーの回数が少なかったり、すすぎが不十分なのも問題で、やはり頭皮に負担が掛かり抜け毛や毛質の変化に繋がる傾向です。
大切なのは、泡立てて皮脂や汚れを包み込み、優しくもみ出すようにして毛穴を綺麗にすることです。
ゴシゴシと擦る洗い方や、叩くようなマッサージは逆効果ですから、優しく労るようにケアをしましょう。

理由3は親からの遺伝で、男性であれば母親、女性は父親から性質を受け継ぎやすいとされています。
親の頭髪が薄い場合は、その子供もまた同様の状態になりやすく、親子で似てしまう結果に至ります。
ただ、必ずしも遺伝するとはいえませんし、親がふさふさでも隔世遺伝で薄毛になる場合もあります。
遺伝はあくまでも薄毛の切っ掛けの1つに過ぎないので、他の理由も関係していることは珍しくないです。
遺伝子は非常に強く受け継がれますから、遺伝による薄毛の回避は難しいですが、ある程度は生活習慣の見直しで改善できます。

タイトルとURLをコピーしました